英会話を通じた異文化交流

ibunka

異文化交流は、外国語を学ぶ上での醍醐味と言っても、決して過言ではないぐらいです。単に言語を学ぶのではなく、文化を学び色々な人と交流していくことによって、人間としての成長も可能になります。英会話スクールでは、異文化交流ができるという点にも重点を置いているぐらいです。では、英会話を通じた異文化交流とは一体どういうものなのでしょうか。

それは、様々な文化を認めるという心が身につくことです。アメリカにはアメリカの文化がありますし、イギリスにはイギリスの文化があります。もちろん、私達が住む日本には日本の文化があるのです。どの国の文化も優れているとか劣っているということはなく、1つ1つが素晴らしい文化なのです。そして、言語に隠れた文化的背景も、母国語以外の言語を学ぶからこそ、見えてくるものがあります。例えばですが、建物の階数を著す表現を取っても、国によって全く異なります。アメリカ英語ですと1階は’first floor’、2階は’second floor’と言うのに対し、イギリス英語ですと1階は’ground floor’、2階は’first floor’となります。これは昔のイギリスでは敵の侵入を防止するために建物の2階を入り口にしており、そこから2階を1階と同じような扱いにしたという歴史的背景があるのです。同じ英語なのに、国が違えば呼び方が違うというのは、学習者にとっては知的好奇心を刺激するものです。また、こういう知識も英会話で役に立てることができるのです。また、単に会話だけ学んでもどこか物足りないと感じる方にとっては、これほど有益なものはありません。

▲ページトップに戻る