「わかる」と「できる」の違いの認識

hyhyhdfdfdf

どこの英会話スクールに通うにしても、正しい学習方法に基づいた上で学習を継続していくことによって、真の実力がつくようになります。間違っても英会話スクールに任せっきりで自学自習を何もしないという方法は避けるようにしたいものです。もしこの点がクリアできるようになれば、学習は上手くいくようになります。では、自宅学習をする上で、絶対に押さえておきたい項目とは一体何でしょうか。

それは、「わかる」と「できる」の違いの認識を確実に行うことです。これは言われてみれば大切なことに気づくのですが、いざ自宅学習となってしまうと、ついつい忘れてしまいがちです。しかし、この2つは似ているようで全く異なります。英会話の場合は、「わかる」では全く意味がなく「できる」の状態まで持っていかないといけません。もし大学受験のための受験勉強や、あるいは文法についての理解であれば、「わかる」ができれば十分かもしれません。しかし、会話をするということは、相手の言うことを理解できるだけでなく、自分の言いたいことが口から出てくるぐらいのレベルになっていないと、全く意味がないのです。つまり、「できる」という観点で考えることが必要です。そして仮に「できる」という点がクリアできたとしても、トレーニングを繰り返していくことによって、本当の意味で自分のものになっていきます。何はともあれ、自分で淀みなく英語で何かが言えるようになるまで、トレーニングを継続することです。

▲ページトップに戻る