シャドーイングの効果

isajjkshjaskasa

シャドーイングとは、耳で英文を聴き、数秒遅れた状態で聴いた音を発話してみるトレーニングのことを言います。このトレーニングは、元々は同時通訳者のためのトレーニングだったのですが、一般的な英会話学習者でもトレーニングの一環として取り入れていくことができます。自宅学習に慣れないうちは、音読だけでも問題ないですが、もし音読に慣れてきたらこのトレーニングを取り入れてみる方法もあります。そうすることによって、英会話のスキルを更にアップさせることができるようになります。では、シャドーイングの効果としては、どんな点が挙げられるでしょうか。

このトレーニングは、音読とは違ってテキストを見ないで行います。そのため、文字に頼ることはできず、音だけを頼りに行っていきます。最初の段階ではハードに感じるかもしれないですが、回数を繰り返して慣れていけば、耳に入ってきた音を正確に再現できるようになっていることに気づくものです。実際の会話では、テキストを見て行うわけではなく、相手の発言を音声ベースで認識し、その上で返答することになります。この際、文字は見ていませんが、既に音読を通じて音や文字、そして意味を相互に結び付けていることになるので、それぞれの認識はできているのです。なお、シャドーイングを行う際は、既に意味や内容を把握しているテキストを使うことが大切です。というのも、ただ漫然と聴いた音を反復するだけしても、シャドーイングの持つ効果は出てこないからです。

▲ページトップに戻る