音読と筆写の相乗効果

aasasassaaaa

音読をしつこいぐらい繰り返していくと、わざわざ英文を日本語に翻訳しなくても、英語を直接的に理解できるようになります。こうなると、英会話そのものも非常に楽しくなってくるし、英語脳が身についたと実感することになるでしょう。また、ここで音読と筆写を合わせてトレーニングを行っていけば、更にレベルアップができるし、英会話でも役立てることができるようになります。同時に相乗効果も期待できるので、英会話学習者には非常にもってこいです。では、音読と筆写を重ねることで、一体どのような効果が期待できるでしょうか。

この2つを一緒にすることで、音と文字、そして意味の一致に関して更に強化することができます。音読でもこれらの要素を鍛えることができるのですが、筆写を加えることによって、文字の部分が強化されるという点が挙げられます。英語を学習していると、会話をする機会が多いとは言え、話し言葉だけでは言語を物にできないことに気づきます。これは、ダイエットで言えば有酸素運動だけでは効果が薄く、無酸素運動を取り入れて体内の筋肉を鍛えていくことができるのと同じようなものです。もしこのことに気づくことができれば、言語学習をより能率良く行うことが可能であると痛感できます。実際のコミュニケーションでは、いくら会話ができるとは言え、書き言葉になった段階でスペルミスなどを頻繁に行っているようでは意味がないのです。だからこそ、この機会に話し言葉と書き言葉を鍛えるように心掛けたいものです。

▲ページトップに戻る